百合展2017に行ってきたよ!『やがて君になる』『citrus』『ななしのアステリズム』等の作品展示にグッズ販売も

百合展 公式サイト 2017

『百合展2017』に行ってきました。決して自分はコアな百合愛好家というわけではないのですが、好きな作家さんの展示もあると聞いたら、そりゃあ行かないわけにはいきません。

結果、これまでは「結構いいかも……」程度しか興味のなかった百合作品について、「こんなん読むしかないじゃないですかーーー!!!」などと、展示されていたマンガの一部を購入して帰宅するほどに楽しんでしまった自分がいた。そのくらい素敵な展示内容だったので、これから百合沼に飛び込もうという初心者さんも、ぜひ会場に足を運んでみてくださいな。

 

『百合展』とは

高嶋ひろみ 百合展 スケッチブック

『百合展2017』会場にて

『百合展』とは、ヴィレッジヴァンガードの協力のもと、昨年から開催されている業界横断フェア。女性同士の関係性を細やかに描き出した「百合」をテーマに、作品展示とグッズ販売を行うイベントです。

昨年全国のヴィレッジヴァンガードにて開催され大きな話題となった、女性同士の友情や愛情を意味する「百合」をテーマとした大規模フェア『百合展』が今年も開催されることになりました。今年も「百合」をテーマにした作品を手がけた漫画家や写真家、その他クリエイターがフェアに参加し、書籍やコラボグッズを販売します。

今年は更に多くのクリエイターが参加し、イベントもグッズも昨年以上に充実させることができました。このフェアでは多くのクリエイターや作品を皆様にご紹介することで様々な「百合」の在り方についてお伝えしていきます。どうぞその中からあなたの思う「百合」の魅力を探してみて下さい。

百合展2017より

初開催となった2016年から1年を経た今年は、参加クリエイターが増えて規模も拡大。総勢18名の漫画家・写真家の作品が展示され、会場には数多くのファンが集まり賑わいを見せています。僕自身、平日午後というタイミングで足を運んだのですが、それでも多くのお客さんの姿が見られるほどの盛況っぷりでした。

総勢18名のクリエイターによる作品展示

百合展 東京 会場

というわけで、『百合展2017』の東京会場・池袋マルイ7階の催事スペースへ。
左手が物販スペース、右手が展示スペースとなっているので、まずは展示から見ていきます。

百合展 作品展示

展示されているのは主に、カラーイラスト複製原画写真作品。そのほか、作品紹介のテキストと、作家さんによる手描きポップも添えられており、それが18人分もずらっと並べられています。

好きな漫画家さんの複製原画をまじまじと眺めるのもいいですが、同時に知らないクリエイターさんの作品に触れられるのもこういったイベントならでは。小規模ギャラリーのような雰囲気の展示となっており、入場無料写真撮影OKという点も嬉しいですね。

仲谷鳰 やがて君になる 百合展

仲谷鳰『やがて君になる』

伊藤ハチ ご主人様と獣耳の少女メル 百合展

伊藤ハチ『ご主人様と獣耳の少女メル』

雨隠ギド 終電にはかえします 百合展

雨隠ギド『終電にはかえします』

江島絵理 柚子森さん 百合展

江島絵理『柚子森さん』

缶乃 あの娘にキスと白百合を 百合展

缶乃『あの娘にキスと白百合を』

小林キナ ななしのアステリズム 百合展

小林キナ『ななしのアステリズム』

サブロウタ citrus 百合展

サブロウタ『citrus』

長谷川圭佑 繋いだ手の隙間に君の願いごと 百合展

長谷川圭佑『繋いだ手の隙間に君の願いごと』

小林キナ 百合展 スケッチブック

『百合展2017』会場にて

参加クリエイター(五十音順)

雨隠ギド『終電にはかえします』
伊藤ハチ『ご主人様と獣耳の少女メル』『月が綺麗ですね』
江島絵理『柚子森さん』
大沢やよい『2DK、Gペン、目覚まし時計。』
缶乃『あの娘にキスと白百合を』
岸虎次郎『オトメの帝国』
玄鉄絢『星川銀座四丁目』
小林キナ『ななしのアステリズム』
サブロウタ『citrus』
高嶋ひろみ『加瀬さんシリーズ』
高橋みのり『わたしたちの525日』
仲谷鳰『やがて君になる』
長谷川圭佑『少女寫集』
平尾アウリ『推しが武道館いってくれたら死ぬ』
森島明子『囁きのキス』
雪子『ふたりべや』
ゆりあ『ふともも写真館』
吉富昭仁『リリィシステム』

会場限定グッズは完売するほどの人気

百合展 物販

物販スペースでは、参加クリエイターさんの単行本のほか、限定グッズも販売されています。なかには売り切れてしまった商品もあり、本イベントの注目度と訪れるお客さんの多さが窺えますね……。

コラボ・限定グッズとしては、各作品のTシャツ缶バッジブックカバーに加えて、卓上カレンダークリアファイル不織布バッグスマホケースなど。 “会場限定” 以外の商品については、ヴィレッジヴァンガードの通販サイトでも購入可能です。

『百合展2017』東京会場は、3月26日(日)まで開催。4月1日(土)からは大阪に上陸し、1週間にわたって同様の展示・販売が開催されます。「こんなに百合を堪能できるのに無料でいいの!?」と感じられるほどにすばらしい内容だったので、気になっている方はぜひ足を運んでみてください!

おすすめプラス+!

会場では上記グッズのほか、話題の自主制作百合コミック誌『ガレット』の創刊号も販売されております。東京会場では早々に売り切れていましたが、金曜日に再入荷したそうです。未購入の方がいらっしゃいましたら、この機会にどうぞ!

関連リンク

スポンサーリンク

この記事をSNSでシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です