『ニンテンドースイッチ』発売!初期設定までやってみた

ニンテンドースイッチ

ついに発売となりました!
任天堂の最新家庭用ゲーム機『ニンテンドースイッチ(Nintendo Switch)』

予約していたこともあり無事に手に入れることができたので、早速どのようなものなのか確認してみました。

 

開封の儀

ニンテンドースイッチ 外箱

『ニンテンドースイッチ』の外箱。

ニンテンドースイッチ 開封の儀

開いてみると、本体とJoy-Con(ジョイコン)がまず目に入ります。

ニンテンドースイッチ 開封の儀

説明書はなく、箱に直接書かれているこの部分のみ。

ニンテンドースイッチ 同梱品

箱の下部に入っていた同梱品。

  • Nintendo Switchドック
  • Joy-Conストラップ
  • Joy-Conグリップ
  • ACアダプター
  • HDMIケーブル

 

触ってみた印象

実物を目にしてまず感じたのが、思っていた以上に本体が「コンパクト」で「持ちやすい」ということ。Joy-Conを装着した状態でも極端に大きかったり重かったりということはなく、自然と手に馴染む印象でした。

ニンテンドースイッチ WiiUゲームパッド 比較

実際、Wii UのGamePadと比べてみても、「Switchのほうが若干小さいかな?」という程度。むしろ厚みがないぶん持ちやすくなっており、外でも問題なくプレイできそうです。

ニンテンドースイッチ WiiUゲームパッド 3DS 比較

Joy-Conグリップに装着して、一般的な “コントローラー” の形にすれば、さらに小さく持ちやすく。ご覧のとおり、ニンテンドー3DSとほぼ同じサイズ感にまで収まります。

ニンテンドースイッチ キャリングケース 画面保護シート

ただし、そのままバッグに入れて持ち運ぶには耐久性の不安もあるので、キャリングケースの利用を推奨。すでに任天堂純正のケース(画面保護シート付)が販売されているので、携帯ゲーム的に外で遊ぶことを考えている人は購入をご検討ください。

 

画面に従うだけのカンタン初期設定

ニンテンドースイッチ 初期設定

初期設定に関しては何も難しいところはなく、画面の指示に従うだけであっという間に終わります。言語地域インターネット接続などを順々にこなしていきましょう。

ニンテンドースイッチ 初期設定

テレビとの接続設定のついでに、Joy-Conを外した状態での操作も指示してくれる親切設計。Joy-Conは右・左の両方に同様のボタンがそれぞれ配置されているので、例えば「右で決定&戻る操作をしつつ、左のスティックで選択」というおなじみの操作はもちろん、その逆もまた可能です。

ニンテンドースイッチ 初期設定

ACアダプターとHDMIケーブルをそれぞれ接続したうえで、Switch本体をドックと合体。すると、このようにテレビ画面に映ります。

ニンテンドースイッチ 初期設定

あとはユーザー設定をしたら、セットアップは完了です!
余談ですが、すでにアイコンとして “インクリング” が選択できるあたり、『スプラトゥーン』の人気ぶりが窺えますね……。

 

家でも外でも、複数のシーン&スタイルで遊べるゲーム機

ニンテンドースイッチ 公式サイト キャプチャ

そんなこんなで発売された『ニンテンドースイッチ』ですが、ソフトのラインナップがまだ少ないということもあり、その実力や魅力は未知数だという評価も多く聞かれます。

とはいえ、PVでも示されていたように、さまざまなシーンで多種多彩な遊び方ができるハードであることは間違いないでしょう。それこそ夏には『スプラトゥーン』の発売も予定されており、面と向かってのマルチプレイが可能になったことで、オフ会をはじめとするイベントが盛り上がると予想されます。

現状ではまだ様子見をしている人も多いでしょうが、今後の展開に期待が高まる『ニンテンドースイッチ』。僕もいちユーザーとして注目しつつ、まずは手元のゲームを楽しもうと思います。

 

おすすめプラス+!

『スーパーボンバーマン R』『ドラゴンクエストヒーローズⅠ・Ⅱ』など、おなじみのキャラクターが登場するソフトが発売されているなか、一番の注目作はやはり『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』! こちら目当てで購入している人が大多数となっているようです。
一方ではスイッチならではの特色を生かしたパーティーゲームとして、Twitterなどでちらほらと話題に挙がっている『1-2-Switch』の存在も。世代を問わずみんなで集まってわいわいできるソフトとして、それなりに人気が出るのではないかと予想されています。

関連リンク

スポンサーリンク

この記事をSNSでシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です